加湿器の洗浄方法と洗浄のタイミング

定期的にメンテナンスや洗浄を行うことで、加湿器の性能を良好に保ち、清潔で快適な治療環境を維持することができます。詳細をご覧ください。

治療装置の水チャンバーは、どれくらいの頻度で洗浄する必要がありますか?

取扱説明書に、お持ちの装置とその構成品のお手入れの仕方が記載されています。

一般的に、水チャンバーはぬるま湯と中性洗剤で毎日洗い、きれいな水でよくすすぎ、直射日光の当たらない場所で自然乾燥させてください。その際に、水チャンバーに損耗や劣化がないか点検してください。構成品に亀裂、曇り、へこみなどがある場合は担当医もしくは在宅医療会社にご相談ください。

加湿器に損傷を与え、製品寿命を縮めてしまうおそれがあるため、加湿器の洗浄に以下のものは使用しないでくさい。

  • 漂白剤や、塩素、アルコール、またはアンモニアを含む溶液
  • 保湿剤、抗菌剤、またはグリセリンを含む石鹸
  • 水軟化剤および推奨していない水垢除去剤
clean-humidair-humidifier-cpap-machine-resmed

加湿器の洗浄で気をつける点は何ですか?

お持ちの加湿器に対応した詳しい説明については、付属の取扱説明書をご確認ください。以下にも、レスメドの加温加湿器のお手入れ方法についてご説明しますので、ご参照ください。

毎週1回

ぬるま湯と中性洗剤を使い、加湿器とエアチューブを洗浄します

きれいな水でよくすすぎ、直射日光が当たらない場所で自然乾燥させます。

乾いた布で外側を拭きます。

 

チャンバーの蓋、プレート、ベースは、食器洗い機での洗浄も可能です。その場合は、食器洗い機の上段に置き、デリケートモードやガラス食器モードといった弱めのモードを選択してください。水チャンバーに白い粉状の沈殿物がある場合は、食用酢を 1:10 の割合で薄めた水溶液で洗浄してください。

チューブの洗浄

チューブは、どれくらいの頻度で、どのように洗浄すればよいでしょうか?

洗浄の詳しい手順については、取扱説明書をご確認ください。一般的には、毎日使用後に、カフのつまみを引いてエアチューブを取り外す必要があります。次に使用するまでの間、清潔で、湿度の低い場所に掛けておきます。
以下の点に注意してください。

  • 素材が硬化し、亀裂が生じる原因になるため、直射日光が当たる場所には掛けないでください。
  • エアチューブは洗濯機や食器洗い機で洗浄しないでください。

毎週1回、カフのつまみを引いて、治療装置とマスクからエアチューブを取り外し、ぬるま湯と中性洗剤でエアチューブを洗浄してください。チューブをよくすすぎ、直射日光や高温を避けて、自然乾燥させます。次に装置を使うときに、エアチューブをエアチューブ接続口とマスクに接続します。

加湿器と付属品のお手入れについてさらに質問がある場合は、担当医か在宅医療会社にお問い合わせください。