レスメドについて

レスメドは140か国以上の国々において、人々がより健康で質の高い生活を送るための革新的なソリューションの開発・普及に努めています。​特に、弊社のデジタルヘルス技術、及びクラウド接続された医療機器は、睡眠時無呼吸症候群、COPD、そしてその他の慢性疾患を持つ患者様の自宅における医療をサポートしております。​また、包括的な院外ソフトウェアプラットフォームにより、患者支援を行う医療従事者や介護者がより適切に医療介入ができるように支援するとともに、健康管理システムのコスト削減を目指します。

レスメドのストーリー

1981年に世界初のCPAP装置がオーストラリアのシドニーで誕生しました。1人の発明家と1人の投資家が人々の人生を変えるこの技術を世に送り出し、世界的なブランドにまで育て上げた物語をご紹介します。

 

レスメドのミッション

睡眠とNIV治療のグローバルリーダーとして、進化するテクノロジーを活用した新しい診断、治療、管理方法を世の中に提供することです。私たちは、2025年までに2億5,000万人の人生をよりよいものに変えようと努力しています。

レスメドのサステナビリティ

資源の節約、環境負荷を低減した製品の開発汚染の最小化を通して環境問題に取り組んでおります。 私たちは、従業員、サプライヤー、顧客と協力して自然環境の保全に努め、計画的にコストを削減します。

レスメドの貢献

世界140カ国以上にいる7,500 人のレスメドの従業員は、毎日何百万人もの人々の生活にポジティブな影響を与えています。

1.26億+

過去12ヶ月に治療を開始している患者数

1500万+

レスメドのクラウドデータと
連携している装置の数

350万+

myAirを使用して
CPAP治療を行っている患者数

レスメドのロゴ

青から赤へ変化するパルス曲線をあしらったシンボルは、健康な呼吸を表しており、睡眠時無呼吸の患者さまや呼吸ケアが必要な患者さまに、いつもこのような呼吸をしていただきたいという私たちの思いを示しています。

そして、レスメドが存在することにより、みなさまの呼吸の一つ一つをよりよい生活へと導いているという誇りも表しています。