在宅ハイフロー装置

レスメドLumis HFT

COPDに対するハイフロー酸素療法

レスメドLumis HFTは、COPDの患者さんに一定流量の加温加湿したエアを届け、ハイフロー酸素療法のベネフィットをもたらすことを目的とした装置です。在宅での使用が可能となり、慢性的な咳痰症状を伴うCOPD患者さんに適しています。

使い勝手抜群のHigh Flow装置で在宅治療をシンプルに

Lumis HFTは一晩の使用で途中の給水が不要です*。流量、温度、加湿レベルを調節したりすることも可能です。また、主治医が酸素添加の有無を切り替えることも可能です。ユーザーインターフェイスは、直感的に簡単操作できるデザインを採用。HumidAir™加湿器の水チャンバー(Reusable)は給水できるタイプで、ClimateLineAir™加温チューブとともに取り外し簡単で洗いやすく、繰り返し使えます。小型で軽量、静音設計の Lumis HFTは、患者さんの生活にそっとなじんで、快適な在宅治療を実現します。

セットアップも、タイトレーションも、患者さんのモニタリングも簡単

たった3つの操作ボタンとシンプルなインターフェイスで、新しい患者さんの設定とタイトレーションを簡単に済ませることができます。慢性的な咳痰症状に悩まされ、在宅酸素療法(LTOT)を受けているCOPDの患者さんに、簡単な手順で酸素の添加と加湿を処方できます。必要に応じて、酸素飽和度のモニタリングも可能です**。フィルタ、加湿器の水チャンバー、加温チューブなどの付属品は、標準のCPAP装置レスメドAirSense10と共通しており、トレーニングやメンテナンス、在庫管理の簡素化にもつながります。

Lumis HFTと組み合わせて使用できるアクセサリー

レスメドオキシメータアダプタ

レスメドオキシメータアダプタを介して、ResMedパルスオキシメータモジュール(認証番号:221AABZI00185000)をLumis HFTに接続し、酸素飽和度を記録することができます。

ClimateLineAir加温チューブ

ClimateLineAir加温チューブは、加湿された空気がチューブを通る間に冷えないよう温度を保ちます。

HumidAir加温加湿器

装置内蔵式HumidAir加温加湿器は、乾燥や鼻づまりの軽減に役立ちます。

Lumis HFTについてのFAQ

うるさいかどうかは主観になりますが、動作音は流量の設定によって異なります。Lumis HFTは静音設計になっているので、使用中に眠ったり話したりすることができます。

はい。ただし、口呼吸をしていると、治療の効果が低下する可能性があります。

Lumis HFTは治療データと装置データを記録し、簡単な操作で装置の使用状況をモニタリングできます。パルスオキシメーターと接続すると、SpO2を記録できます。

ハイフロー酸素療法のウォッシュアウトにより、薬剤の沈着が少なくなるため、お勧めしません。

Lumis HFTは酸素添加の有無にかかわらず使用することができますが、担当医の処方に従ってください。

酸素濃縮器から最大15L/分の酸素を定流量でLumis HFTに添加できます。あるいは、患者さん自宅の酸素ボンベや、病院では壁面の供給口を酸素供給源とすることも可能です。

Lumis HFTではレスメドAcuCare HFNCカニューラの使用がバリデートされています。患者さんに合わせてサイズを選択してください。

Lumis HFTは、アラーム音を鳴らす設計をしておりませんが、安全のためにアラートメッセージを表示し、装置の動作を調整する機能を備わっています。一部のアラートは設定変更可能で(水チャンバーが空になったときのアラートなど)、それら以外のアラートは常時オンになっています。

いいえ、侵襲的療法や気管切開を伴う場合には、Lumis HFTの使用は禁忌です。

ウォームアップには、そのときの室温に応じて10~20分ほどかかります。ウォームアップの途中いつもでも治療を開始できますが、ウォームアップが完了してから治療を開始することをお勧めします。治療が中止されると、装置は自動で乾燥モードになり、90分後に待機モードに入ります。

いいえ。酸素は供給源から添加され、装置内で空気と混合されます。

Lumis HFTは、生命維持が必要な患者さんには適しません。

レスメド社が推奨のカニューラのみをご使用ください。

*Lumis HFTは、15L/分のフローでは16時間の運転が可能(設定:加湿レベル3、室温23℃)。詳細は装置の取扱説明書をご参照。
**パルスオキシメーターと接続されている場合。